兔和狼的旅游人生 兎と狼の旅人生


"未分类" posts

09
Category: 未分类   Tags: レインボーブリッジ  

レインボーブリッジ

1993年に開通した、芝浦ふ頭とお台場を結ぶ、東京湾に架けられた美しい吊り橋『レインボーブリッジ』。首都高速11号台場線、一般道、ゆりかもめのほか、無料で通れる約1.7kmの遊歩道があり、東京湾を行き交う船や、東京ウォーターフロントの景色を眺めながらのんびりと散策することができる。

IMG_9034.jpg
柔らかな曲線を描く東京湾のシンボル『レインボーブリッジ』。首都高速でレインボーブリッジ上を通過するときにクルマから眺める東京湾の風景&夜景は有名ですが、遊歩道(歩行者専用通路)があることはあまり知られていません。片道約1.7km、約30分の絶景散策スポットです。

IMG_8108.jpg
通過して『いかにもレインボーブリッジらしさ』を感じるのは、橋の上層を走る首都高速(11号台場線)ですが、橋からの眺めをのんびりと楽しむなら、遊歩道が一番。遊歩道は下層を走る一般道の両サイドにあり、ノースルートは晴海方面、サウスルートはお台場方面がよく見えます。

IMG_8466.jpg
往復するなら片側ずつ楽しめばいいのですが、片道しか歩かない場合は、臨海副都心の眺めを満喫できる『サウスルート(お台場側)』がおすすめです。真横を走るクルマの音と排気ガスが気になり、落ち着けるスポットではありませんが、景色は抜群。特に夏期の夜景は最高です。

IMG_9012.jpg
レインボーブリッジは、日没から24時まで、444個のイルミネーションライトで橋全体をライトアップ。主塔は夏と冬の2パターン、ケーブルは曜日、時間、イベントなどで色が変化します。
◇主塔・・・夏(4月-10月)は白色、冬(11月-3月)は温白色
◇橋桁下、アンカレイジ・・・年間を通じて緑がかった白色
◇ケーブル・・・白、緑、コーラルピンク ※平日、土日、祝祭日、イベントの4パターンで変化
◇スペシャルライトアップ・・・クリスマスや年末年始など特別な日に年間数日実施

IMG_9020.jpg

IMG_9002.jpg

IMG_8996.jpg

IMG_8982.jpg

IMG_8980.jpg

题目 漫步人生路    博客分类 相片部落


20
Category: 未分类   Tags: 六本木  クリスマス  

六本木 クリスマス

江戸時代は大半が武家地だった地域で、明治時代以降は東京市麻布区に位置し、六本木一丁目、六本木二丁目、六本木四丁目、六本木五丁目の高台地域は番町、市谷船河原町、市谷砂土原町、そして赤坂の高台地区と並び特に六本木四丁目のフランシスカン・チャペルセンター周辺と六本木五丁目の鳥居坂周辺は1990年代前半頃までは独特の佇まいを残していた。

IMG_8833.jpg

IMG_8834.jpg
6本の松の木があったことに由来する説
青木氏、一柳氏、上杉氏、片桐氏、朽木氏、高木氏の各大名屋敷が存在したことに由来する説
などがある。

IMG_8844.jpg
六本木近辺の軍事施設は太平洋戦争で、各国の大使館を残し空襲で焼失、終戦に伴い、日本の占領にあたった連合国軍に接収される。そのため、外国人向けの商店や飲食店が少しずつ出来るようになる。また、1950年代後半にはNET(日本教育テレビ、現・テレビ朝日)が開局し、この頃に六本木族が登場する。

IMG_8848.jpg

IMG_8849.jpg
2010年現在、平日は昼夜を問わずサラリーマンやOLの姿が目立ちオフィス街としてのイメージも強くなった他、六本木一丁目にはスペイン大使館、スウェーデン大使館などの外国公館や、六本木七丁目のアメリカ軍施設(ヘリポート、星条旗新聞社ほか)などもあり外国人の姿も目立つ。

IMG_8857.jpg
週末の金・土曜夜になるとバーやクラブ、キャバクラなどが林立する繁華街の様相を呈する。クラブ目当ての若者や外国人のほか、キャバクラ嬢や外国人の客引きが街頭に出ている姿が見られる。また、傷害事件やカジノ賭博・麻薬密売等の違法行為も存在し、時折検挙等により明るみに出ることがある[4]。新宿歌舞伎町などと同様に暴力団同士の抗争も垣間見られる[5]。これらの影響で六本木地区はアメリカ国務省、イギリス大使館、オーストラリア大使館によって旅行者向けの危険地域として警告されている。

题目 漫步人生路    博客分类 相片部落


19
Category: 未分类   Tags: 大阪城  

大阪城

通称「太閤さんのお城」とも呼ばれているが、1959年(昭和34年)の大阪城総合学術調査において、城跡に現存する櫓や石垣などは徳川氏、徳川幕府によるものであることがわかっている。

IMG_6597.jpg

IMG_6628.jpg
1603年(慶長8年)に徳川幕府が成立した後も、秀頼は大坂城に留まり摂津・河内・和泉を支配していたが、1614年(慶長19年)の大坂冬の陣で家康によって構成された大軍に攻められ、篭城戦を行った。そして、その講和に際して惣構・三の丸・二の丸の破却が取り決められ、大坂城は内堀と本丸のみを残す裸城にされてしまう。秀頼は堀の再建を試みたために講和条件破棄とみなされ、冬の陣から4か月後の1615年(慶長20年)、大坂夏の陣で大坂城は落城し、豊臣氏は滅亡した。

IMG_6630.jpg

IMG_6636.jpg
落城に際して、灰燼に帰した大坂城は初め家康の外孫松平忠明に与えられたが、1619年(元和5年)に幕府直轄領(天領)に編入された。翌1620年(元和5年)から、2代将軍徳川秀忠によって大坂城の再建が始められ、3期にわたる工事を経て1629年(寛永6年)に完成した。

IMG_6551.jpg

IMG_6555.jpg
幕府直轄の城である徳川大坂城の城主は徳川将軍家の歴代将軍自身であり、譜代大名から選ばれる大坂城代が預かり、これも譜代大名からなる2名の大坂定番と4名の大坂加番が警備を担当した。江戸時代にはたびたび火災による損傷と修復を繰り返した。特に1665年(寛文5年)には落雷によって天守を焼失し、以後は天守を持たない城であった。

IMG_6562.jpg

IMG_6572.jpg
江戸末期、慶応3年12月9日(1868年1月3日)に発せられた王政復古の大号令の後、二条城から追われた前将軍徳川慶喜が大坂城に移り、居城していたが、慶応4年1月3日(1868年1月27日)、旧幕府軍の鳥羽・伏見の戦いでの敗北によって慶喜は船で江戸へ退却し、大坂城は新政府軍に開け渡された。この前後の混乱のうちに出火し、城内の建造物のほとんどが焼失した。

IMG_6582.jpg

题目 漫步人生路    博客分类 相片部落


15
Category: 未分类   Tags: 上野  

上野

地形は、上野恩賜公園のある上野山が北区の方面から伸びる上野台地(武蔵野台地の分脈)の先端部分にあたり、正確には山ではなく台地である。上野山は標高20mほどの高さをもち、上野の街は上野山の東と南に開けている。上野台地の西には東京大学の位置する文京区の本郷台地があり、上野公園西南部にある不忍池はもともと両台地の間の谷(谷中・根津)を流れてきた谷田川(藍染川)が流れ込む場所に自然に形成された池である。現在では谷田川は地表から消滅し、不忍池も面積を縮小させている。

IMG_6167.jpg

IMG_6141.jpg

IMG_6224.jpg

上野山は、戦国時代には忍岡(しのぶのおか)と呼ばれており、元々江戸においては人口の少ない地域であった。

1603年に江戸幕府が開かれた頃、忍岡には、伊賀国上野を本拠地とする外様大名・藤堂高虎の屋敷が置かれた。


IMG_6236.jpg

IMG_6210.jpg

IMG_6220.jpg

IMG_6195.jpg

IMG_6241.jpg

後に徳川将軍家の菩提寺である寛永寺が建立され、門前町が開けた。この頃から、寛永寺付近の一帯を「上野」と呼ぶようになる。これは、藤堂家の所領である上野に地形が似ていたためと言われている。寛永寺には歴代将軍の墓も建てられ、江戸幕府から保護されたので繁栄し、それに伴って門前町の上野も発展した。上野寛永寺は、江戸城から見て陰陽道上の鬼門に当たり、京都の延暦寺(京都から見た場合は北東)に擬えた江戸鎮護の寺でもあった。

IMG_6180.jpg

IMG_6174.jpg

「上野」という地名の由来には諸説有る。

一つは、藤堂高虎が、当地の地形が本拠地たる伊賀上野(いがうえの)に似ている点から「上野」と命名したという説。ただし、江戸名所図会によればこの説は間違いとされている。

もう一つは、小野篁が上野国(こうずけのくに。現在の群馬県)での任を終えて京へ帰る途中で、当地に館を建ててしばらく滞在し、その際地元の人が篁のことを呼んだ「上野殿」が地名になったという説。

题目 漫步人生路    博客分类 相片部落


13
Category: 未分类   Tags: 小石川後楽園  

小石川後楽園

 江戸時代初期、寛永6年(1629年)に水戸徳川家の祖である頼房が、江戸の中屋敷(後に上屋敷となる。)の庭として造ったもので、二代藩主の光圀の代に完成した庭園です。光圀は作庭に際し、明の儒学者である朱舜水の意見をとり入れ、中国の教え「(士はまさに)天下の憂いに先だって憂い、天下の楽しみに後れて楽しむ」から「後楽園」と名づけられました。
 庭園は池を中心にした「回遊式築山泉水庭園」になっており、随所に中国の名所の名前をつけた景観を配し、中国趣味豊かなものになっています。また、本庭園の特徴として各地の景勝を模した湖・山・川・田園などの景観が巧みに表現されています。
 この地は小石川台地の先端にあり、神田上水の分流を引入れ築庭されました。また光圀の儒学思想の下に築園されており、明るく開放的な六義園と好対照をなしています。
 なお、後楽園は昭和27年3月、文化財保護法によって特別史跡及び特別名勝に指定されています。特別史跡と特別名勝の二重指定を受けているのは、都立庭園では浜離宮とここの二つだけです。全国でも京都市の鹿苑寺(金閣寺)、慈照寺(銀閣寺)、醍醐寺三宝院、奈良県の平城京左京三条ニ坊宮跡、広島県の厳島、岩手県の毛越寺庭園、福井県の一乗谷朝倉氏庭園を合わせ9ヶ所だけです。

IMG_6267.jpg

IMG_6274.jpg

IMG_6250.jpg

IMG_6255.jpg

IMG_6256.jpg

IMG_6257.jpg

IMG_6260.jpg

IMG_6263.jpg

题目 漫步人生路    博客分类 相片部落



1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31

top bottom